税理士試験における試験免除科目

Posted: 7月 20th, 2013, by nexthope

税理士の試験はとても難しくて、会計学に関する科目と税法に関する科目の全11科目のうち、必須科目を含む計5科目に合格しなければいけませんが、受験者の負担を軽くする為に科目別合格制が採用されています。なので、一度合格を手にした試験科目については生涯有効ですので、毎年1科目合格を目指すというスタイルでもOKです、税理士は決して難易度は低いとはいえない難関の資格ですが、自分の努力次第で合格できる国家試験であるとも言われています。
しかしそれでも難しい事に変わりはなく、受験する試験科目を減らすことができれば、負担は確実に減りますよね。税理士の試験には一部科目の試験免除が認められているので、この免除制度を利用する方もいらっしゃいます。細かく規定されていますので一部を紹介しますが、学位授与による試験免除、これは税理士法の条件を満たす修士学位や博士学位を持つ人が当てはまります。
また会計士などの資格を持つ人や、国税などに関する実務経験者、規定の科目の教授、助教授、講師などの教職に就いている方などが試験免除に該当します。
この他にも細かく規定されていますので税理士の試験を受ける前には、自分の試験免除科目の有無をきちんと確かめましょう。

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報